女性でも加齢臭は起こるのでしょうか? 当然ながら、女性でも加齢臭は起こります。 しかし、一般的には、男性より女性の方が加齢臭が薄いと言われていますね。 その理由は、男性の方が男性ホルモンの分泌量が多いためです。 男性ホルモンには汗をかきやすくさせたり、皮脂を分泌させるという性質があるのです。 ですので、男性の方が汗をかきやすいために汗臭くなりやすかったり、男性ホルモンによっても分泌される皮脂のせいで体の臭いが強くなりがちと思っております。 これは加齢臭でも同様で、女性より男性の方が強く臭いが出てしまいます。 でも、女性も閉経を迎えることで女性ホルモン(感動するのも分泌量を増やすのにいいのだとか)の分泌量が減ると、男性ホルモンの分泌量が増えますから、加齢臭が起こりやすくなるのです。 その為、男性の場合には40歳前後から加齢臭が起こる人が多いと言われていますが、女性であれね閉経(骨粗しょう症になりやすいといわれていますね)後に強く出る方が多いでしょう。 もちろん、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の場合も加齢臭の出方には人による違いがあり、美容のためにアンチエイジング(日本語でいうと、抗加齢、もしくは、抗老化のことで、主に美容業界で使われている言葉です)(抗酸化対策)をまめに行っている方はほとんど加齢臭が起こらないこともあるようですー